脱ステより減ステでアトピー改善

辛い脱ステではなく減ステによるステロイド離脱 アトピー性皮膚炎の治療について、ご紹介しています。

「それ、食べてしまったら大変なのに…」食物アレルギーさんには危険が潜む?スーパーで起きた、ある『ひやりはっと』。防ぐには?

今日はひやりはっと的な話を、してみたいと思います。
ひやりはっとというのは、事故に繋がるような可能性があったものの、何とか気付いて事故には至らなかった…
そんなことを示します。

楽しい外出が大変なことにならないように、
ちょっとだけ注意喚起をしたいなと思います。


外食をするときを始め、
食料品売り場等では、危険が潜んでいる場合がある…そんな風に思ったことはありませんか?
ああいった場所でよく見かけるマネキンさんの中には、
勧める食品が、もしかしたらアレルギーがあって食べられない人がいるかもしれないと、
最初に考えている人ばかりではないように思うのです。

うちもまた、フードコーナーで休んでいた時に、あ、ということがありました。
新作のアイスクリームの試食です、と、
笑顔の店員さんが私と息子にアイスクリームを差し出しました。
「うちは乳アレルギーがあるもので、食べられないんです、すみません」とやんわりお伝えしてお断りしましたが、
はっと驚いた顔で、そそくさと別のお客さんの方へ行きました。
息子が伸ばした手を下したのを、がっかりした顔を見て、しまったとあたふたとした感じではありました。
私もまた改めて、「普通の牛乳を使ったアイスは、海太郎は食べられないんだよ。お腹が痛くなっちゃうから。どうぞって言われても、食べないようにね」と言いましたが…。
親が傍に居ればこういうのは防げますが、もう少し大きくなって、ちょっと目を離したすきに口にする…なんて事例は、
きっと皆無ではないと思います。
そうならないように、
お子さんもまた自分が何のアレルギーがあるかちゃんと把握して、「自分は〇〇アレルギーがあるから、食べられないので、いりません」
とはっきり言えるように練習しておくのは、本当に大切かもしれないですね。

まだこういう、何が入っているか推測しやすい食べ物ならば、防ぎやすいからいいんです。
けれども、今すごくわかりにくいものが販売されていますよね。

例えば、サン〇リーのプレミアムモー〇ングティーのシリーズ。
これ、発売当初、知人のお子さん(乳のアレルギーがあり、結構高めの数値が出ている)が、危ない目に遭ったそうです。
スーパーの試飲コーナーで、「一見透明な水だけど味がついていて美味しいですよ~」と、試飲を勧められたんだそうで…。

小学生のその子は、乳アレが強めの子なので、乳成分があるものは自分でも避けていたそう。
しかしそれは透明で、まさか乳成分が使われているとも思わず、あわやその子は飲みそうになってしまったとのこと。
売り場には該当のアレルギーの人は避けるようにの注意書きもなかったそうで…。
マネキンさんすらもきちんと把握していたのか、怪しい感じだったのだそうです。
それを知った親御さんは大変怖い思いをしながらも、事故に繋がりますよ、と冷静にお伝えしたそうですが、
……。

………なんでこんなわかりにくいもんをこのメーカーは作るんですかね?事故が起きたらどうするんだよ!、と、
お話を聞いて、腹が立ちました。
一口飲んだら大変なことに繋がるアレっ子はいて、親御さんやお子さんも怖い思いをするケースがある。
身近にそういった人がいなかったとしても、どうか心の片隅に留め置いてほしい…そう切実に思いました。
絶対私はこれ、買いません(おこ)


だから、逆にそういうのが徹底されている飲食店さんとかに行くと、すごいなぁ~✨ありがとう!!(泣)と感謝の気持ちでいっぱいになります。
配慮してもらうことが当然だなんて思わないし、そういった心遣いが端々に感じられる店等にいくと、頭が下がる思いです。
事故が起こらないよう気を配り、安全を約束する。それはやっぱり大変なことも、多々あるかなと思うので。
だから直接なり、アンケートなりで、感謝の気持ちは積極的に伝えるようにしています。
うちはある程度くらいなら該当するアレルギーの食品を口にしても大丈夫になりましたが、
それでも、アレルギー疾患も食物アレルギーも身近な問題。真摯に取り組んでくれる企業さんやお店には、尊敬の念を感じます。
どうかそういった店がもっと増えて、食物アレルギー持ちさんにより優しい社会になっていってくれますように…と願ってやみません。




貴方の応援が励みになります✨↓
また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです✨↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

ありがとうございました✨
[ 2018/10/20 18:16 ] ひやりはっとや、ちょっとした小話を。 | トラックバック(-) | CM(0)

風邪とインフルエンザ対策 その2  安全除菌〇〇〇〇〇、アルコール消毒みたいな刺激なしで、アトピーさんも敏感肌さんも嬉しい商品

風邪にインフルにと、やつらが猛威を振るう季節が間近…。
病院ではインフルエンザの予防接種に関しての張り紙がされていて、そんなことを肌で感じる今日この頃です。

風邪とインフルエンザを予防することが、
アレっ子とアレルギー疾患の患者さん、またそのご家族にはとても大切なことに違いないと思い、
引き続き、有効かと思われる対策を書かせていただきます。

基本的なうがい手洗い、バランスの良い食事や睡眠、そういったことが大切なのは言うまでもなく。

昨日ご紹介したのは、『板藍茶(ばんらんちゃ)』中国の一般家庭でお守り代わりに置かれるという、あちらではわりと馴染みのあるお茶。
風邪とインフルエンザを予防してくれる、優れものです。


iposh1.jpg


本日ご紹介するのは、『IPOSH /アイポッシュ』


一年中おいている店もありますが、これからの時期、あちこちで目にするようになるのがアルコール消毒。
入店の際にご使用ください、と入り口に張り紙と一緒に置いてあったりしますよね。
アトピーや敏感肌の方、またご家族ならよくわかると思うのですが、
あれって手が荒れていると滲みるのですよ、とても
うちの息子は酷い皮膚炎だった時、とても痛がって、嫌がって、可哀そうで…大変でした
お店の人にアトピーがひどくて、アルコール消毒は使わせられないんです…すみません、と謝ることも、何度もありました。
でも感染症予防のために、避けてばかりもいられない。
それでも我慢して使うのも、使わせるのも、しんどいですよね。

海太郎の肌が酷かった頃は見かけなかったのですが、
アルコール消毒を使わせなくても、痛みがなくきちんと消毒ができる…そんな優れものが発売になっているのです。


その名も、『IPOSH(アイポッシュ)』✨


〇水道水質基準をクリアする安全性。
〇殺菌剤として一般的な次亜塩素酸ナトリウムの、およそ80倍の効果があるのだとか。
〇弱酸性で手肌にも優しく、飲める程安全な除菌消臭水。
〇幼児でも使える。
〇アトピーや敏感肌の人も、使える(アルコール消毒みたいに、しみることが殆どない)
〇花粉などのアレルギー物質の不活化(分解)も認められています。


とまぁ、アトピーや敏感肌の方だけでなく、他のアレルギー疾患を持つ糸や家族も嬉しくなるようなことが、説明書きにあります。
詳しくは、IPOSH(アイポッシュ)でぐぐってみてください♪公式ページにはもっといろいろと詳しく書いてありますよ。

おそらくコレ、風邪とインフルエンザ予防にも、とてもとても効果的です。
前年度の冬はうちの家族これでインフルエンザを免れた可能性も高いような気がします…。(もちろん、他にも板藍茶始め、いろいろと気を付けてましたが)

iposh2.jpg

小さいミニボトルも販売されていますので、これを鞄に入れておくと、守護神がここにありという感じで(笑)すごい安心感がありますよー!✨
これと板藍茶を鞄に入れておく…!常に切らさぬように気を配る…辛く厳しい冬を、楽しいことで沢山の冬だったにする為には、
とにかく健康第一。家族が一人倒れれば他の人に移る可能性も大です。
とにかくシュッ、用心にも、ヤバイと思った後にもシュッ、何度も使えます。
大容量もストックしておいて、詰め替えれば、コスパもそこまで悪くない。


そこまでしてもひいてしまったら、酷くなる前に病院行きましょう。
皮膚炎もですが、病気は酷くなる前、初期鎮火が何事も大切かと思います。(インフルエンザはあまり早く行き過ぎても検査で陰性になってしまったりするので、ちょっと一呼吸おいてから受診した方がよさそうですがっ…)
あっ、どうしても病院に行かねばならない時は、マスクにアイポッシュをシュシュシュッとやって装備していくと、
違う病気をもらってくるのも防いでくれますよっ。
これ、説明書にも確か書いてあったと…!お薦めです✨




貴方の応援が励みになります✨↓
また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです✨↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

ありがとうございました✨
[ 2018/10/19 12:01 ] アトピー 季節ごとのお悩み | トラックバック(-) | CM(0)

風邪とインフルエンザ対策 その1  漢方薬〇〇〇で風邪とインフル知らず。アトピー性皮膚炎等、アレルギー疾患の悪化を食い止めよう

秋も深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしですか。

紅葉は綺麗だし食べ物は美味しいし…で秋はわりと嫌いじゃないのですが、
しかし肌寒くなってくると、心配事も増えてきます。
そう…風邪にインフルにと、やつらが猛威を振るう季節がもう間近だということです

嫌ですね~。寒いの大嫌い。空気が澄んでいて星空が綺麗に見えるなぁなんて、そういう面では冬は良い季節なのですが。
でも魔の3歳児と道理の通じないパワフル0歳児二人抱えて夜空をのんびり見上げていられるかどうかは…推して知るべしです(笑)
と、脱線しかけました。

このBLOGで寒さ対策、つまり風邪やインフル対策をするのは、
アレっこやアレルギー持ちさんは、風邪をひかないに越したことはないからです。
調子を崩してしまえば肌の状態も悪化、
喘息をお持ちの方は、周りがちょっとした風邪で済んだ…という場合でも、ひどくなってしまうこともあるでしょう。

いかにしてインフルや風邪を予防するか、
頁を分けて、役立ちそうなものをご紹介しますね。



『イスクラの板藍茶』

なんだか漢方薬っていうと、とりあえず葛根湯!とかいうイメージがありますよね。
当初通っていた某有名漢方薬局さんで、風邪を予防するのに効果がありますよ~って教えてもらったのが、
こちらの『イスクラの板藍茶(ばんらんちゃ)』です。

あまり耳になじみのない漢方薬かな、と思うのですが(私もここで初めて知りました)、
中国では家庭のお守りとしてとても馴染みのあるお茶で、
風邪やインフルエンザの予防に効果を発揮してくれるそうです。

漢方薬局の薬剤師の先生が、娘さん(幼稚園生)の水筒に入れるお茶に混ぜて、いつも持たせていると言っていました。
元気に通ってますよ~とのことで、うちの子にもちょこちょこ飲ませてまして…
風邪予防に関しては、結構効いてくれたようです。
このまま飲むんじゃなくても、うがいに使ったりもできるそうですよ!
そばでゴホゴホしてる人がいて、「(ひぇぇ…もらっちゃいそう…)」なんて時に、
ささっと飲んでおくと、風邪ひかずに済んだりします✨

イスクラは板藍茶ののど飴も出ていて、個人的に結構好みの味!です。
癖があるという人もいるので、飴に関しては、好みが分かれるかな。
ただイスクラは、ちょっとお高いのが難点

板藍茶は妊娠初期の方は控えた方が良いそうですが、
それ以外の方は今お話しした通り、幼稚園生以上くらいだったら問題なく
飲ませられそうです♪もっと小さな子に飲ませたい時は、漢方薬局の薬剤師の方にお問い合わせくださいね。

イスクラがちょっと高いな…って思われる時は、
アマゾンや楽天等で評判の良い板藍茶をお買い求めいただいてもいいかもしれませんね。
うちはイスクラから別のメーカーにチェンジしました(笑)けど、
そちらも大丈夫そうな感じですよ♪風邪をひきやすい実家の母にも薦めておいたら、
リピ買いしてます。

風邪とインフルを予防するに有効かなって思います。ちょっと興味がある方は、試してみてくださいね



貴方の応援が励みになります✨↓
また、読んだよ、の代わりにぽちっと押していただけましたら幸いです✨↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

ありがとうございました✨

[ 2018/10/18 23:59 ] アトピー 季節ごとのお悩み | トラックバック(-) | CM(0)
プロフィール

海太郎くじらママ

Author:海太郎くじらママ
年齢 アラフォー
誕生日 9月17日
住まい 東北
職業 主婦
家族 夫 海太郎(アレッ子3歳)くじら(おそらくノンアレ0歳)



はじめまして、当ブログに足を運んでくださって、ありがとうございます!✨
私は、海太郎くじらママといいます。
ひどいアトピーだった息子の肌を改善、
知り得た知識をわかりやすく伝えます!
アトピーや敏感肌で悩む人の力になれますように✨

↓お問い合わせ、ご意見等ございましたら、こちらのメールフォームからお気軽にメッセージをお送りください(^^)
メールフォーム





検索フォーム